期間工の基礎知識

派遣会社経由で期間工の応募をするべき2つの理由【特典付き】

派遣会社経由で期間工の応募をするべき理由
派遣会社から応募するメリットを知りたいな。期間工の応募って、メーカーから直接申し込んだらダメなのかな?
どっちの応募方法がお得なのか教えて欲しいです…。

こういった疑問に答えます。

期間工の応募方法には

  1. メーカーに直接申し込みする方法
  2. 派遣会社を通して申し込みする方法

以上の2つがあります。

どちらかの応募方法で申し込みをすることになりますが、結論としては「派遣会社を通して申し込みをした方がいい」です。

この記事を書いている私も、実際に派遣会社を通して期間工になりました。

本記事では「派遣会社を通し方がお得になる理由」について解説していきたい思います。

派遣会社を経由するとお得になる2つの理由

派遣会社を経由するとお得になるの理由

お得になる理由は以下の2点です。

  1. 入社祝い金が増える
  2. 履歴書・面接のサポートをしてもらえる

①入社祝い金が増える

派遣会社を通す最大のメリットですね。

派遣会社を経由すると、派遣会社からの特典として「入社祝い金」が大きく増額されます。入社祝い金とは、期間工に就職しただけでもらえる特別手当のことです。

この入社祝い金が大きいんですよね。

例)派遣会社経由の応募特典

トヨタ 10~45万円
スバル 30~45万円
マツダ 40~45万円
日産 10~40万円
ホンダ 0~10万円

入社祝い金はメーカーや時期によって異なりますが、派遣会社を通すだけで最大45万円も支給されます。

メーカーへ直接応募した場合は、祝い金はほとんどもらえません。というか、大抵は「祝い金はなし」ですね。

  • メーカーへ直接応募する→祝い金×
  • 派遣会社経由で応募する→祝い金〇

私が派遣会社経由でスバル期間工になったときは、入社祝い金は7万円でした。

しかし、ここ最近は期間工の人手不足もあって、祝い金も増額傾向にあります。今は祝い金が40万円以上のメーカーもありますので、これから期間工になる人はチャンスですね。

正直、祝い金が多すぎて羨ましいです。

派遣会社を通さないと祝い金はもらえませんので、必ず派遣会社から応募しましょう。祝い金は求人ページから確認できます。

期間工の求人ページはこちら

②履歴書・面接のサポートをしてもらえる

2つ目のメリットですね。

派遣会社を通すと、本番のメーカー選考会に向けての、「履歴書のチェック・面接のアドバス」を派遣会社のスタッフが教えてくれます。

「こうした方がいい」ってところがあれば、アドバイスをもらえますので、メーカー選考会の合格率もグッと上がるという訳です。

初めて期間工にチャレンジする人だと、「履歴書の正しい書き方」「面接時の注意点」といった情報を教えてもらえると助かりますね。

期間工は採用されやすい仕事ですが、それでも運が悪いと落ちることもあります。応募が集中しているタイミグが重なると、採用もされにくかったりします。

少しでも合格率を上げるために、派遣会社でサポートしてもらいながら、メーカーの選考会にのぞみましょう。

また、当サイトでも「履歴書の書き方」と「面接対策」については、詳しく解説しています。不安な方は、こちらもあわせて参考にしてください。

派遣会社経由で応募すると待遇に差はあるのか

派遣会社経由で応募すると待遇に差はあるのか

派遣会社を経由するとお得になることが分かったと思いますが、応募方法の違いによる待遇の差についても見ておきましょう。

応募方法の違いとは

  • メーカーに直接応募した場合
  • 派遣会社経由で応募した場合

以上の2つですね。

先に結論から言うと、どちらの応募方法でも待遇に差はありません。

派遣会社を経由しても雇用形態は同じ

直接雇用のイラスト

メーカーに直接応募しても、派遣会社経由で応募しても、雇用形態は同じになります。

期間工の場合は、あくまでもメーカーと直接契約することになりますので、派遣社員として雇用されるわけではありません。

つまり「メーカーとの直接雇用」になりますね。

メーカーに直接応募しても同じく直接雇用になります。ですので、応募方法による違いは「派遣会社から祝い金がもらえるかどうか」ぐらいですね。

祝い金なしでメーカーと直接雇用するか、祝い金ありでメーカーと直接雇用をするかの違いになります。

募集は派遣会社に任せている

自動車メーカーはなるべく自分の社員を使わずに、求人募集をしたいと考えています。

メーカーも直接求人募集していますが、基本的にコストカットのために求人は派遣会社に任せています。

自分の社員を使うより、派遣会社に丸投げした方が、手間もお金もかからないですからね。

派遣会社はメーカーからもらった報酬の一部を祝い金として使い、「派遣会社だけの特典」として人を集めているという訳です。

基本的に派遣会社がメインとなって求人をしてますので、派遣会社を経由した方が特典もついてきてお得になります。

派遣会社を経由するデメリット

あえて派遣会社を経由するデメリットをあげるとしたら、面接回数が1回増えることですね。

例)メーカーへ直接応募

  • 応募→メーカー選考会→合否

例)派遣会社経由で応募

  • 応募→派遣会社の面接→メーカー選考会→合否

派遣会社では簡単なヒアリングを兼ねた面接がありますので、一度派遣会社に足を運ばなくてはなりません。

とはいえ、派遣会社でメーカー選考会の対策もできますし、祝い金ももらえますので、たいしたデメリットではないかと思います。

面接回数が1回増えるだけで、ドカンと祝い金が手に入りますからコスパはいいですよ。

ぶっちゃけデメリットはこれだけです。メリットの方がはるかに大きいですね。

おすすめの派遣会社

おすすめの派遣会社

期間工の求人を扱っている派遣会社はいろいろありますが、派遣会社よって入社祝い金などの待遇に違いがあります。

待遇の悪い派遣会社だと、祝い金も少なかったり、振り込みが遅かったりするんで注意が必要です。

ですので、期間工の応募するときは、待遇の良い大手の派遣会社から選択しましょう。

待遇の良い大手の派遣会社は以下の通り。

  • アウトソーシング(期間.jp)
  • 日総工産
  • Man to Man

上記の3社なら間違いはないでしょう。

一番オススメの派遣会社は、業界最大手のアウトソーシング(期間工.jp)ですね。

私もアウトソーシングから期間工に応募しましたが、業界最大手とあって待遇面もしっかりしてました。

大手3社のなかでも、入社祝い金などの特典が最大級で、振り込みまでの対応も早いです。また、履歴書・面接対策のサポート面もしっかりしており、内定率は89.9%と高い会社です。

3社で迷ったら、アウトソーシングでOKかなと思います。

アウトソーシングの求人ページはこちら

派遣会社を経由して期間工に応募しよう

派遣会社経由で期間工の応募をするべき理由

記事のポイントをまとめます。

  • 派遣会社を通した方が入社祝い金が多い
  • 履歴書・面接対策のサポート付き
  • 派遣会社を通しても、メーカーと直接雇用になる
  • 派遣会社は高待遇の大手を選ぶこと

派遣会社についてはこんな感じです。同じ期間工になるなら、祝い金はたくさんもらっておきたいですね。

金額が大きいと20~30万円くらいの差がでますので、祝い金をとりこぼさないように注意しましょう。

派遣会社を上手に活用して、祝い金をしっかりゲットしてくださいね。

アウトソーシングの求人ページはこちら

メーカーの選びが分からない方はこちらの記事をどうぞ↓

【徹底比較】経験者がおすすめする期間工メーカー5選!失敗しないための選び方も紹介

関連記事

【最新版】期間工入社祝い金ランキング『最高額がすぐに分かる』

未経験でも期間工に採用されやすい人の特徴とは【実体験から解説】

【必読】期間工のデメリットとは?働く前に知っておきたい5つの注意点

RELATED POST