期間工の雑記

期間工に向いてる人の特徴とは?職業適正が高くない人はどうすべきか

どんな人が期間工に向いているか知りたいな。これから期間工で働きたいけど、自分が向いているかよくわかりません。
向いている人の特徴を教えて欲しいです。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、期間工を2年ほど経験しています。実際に工場で働き、期間工に向いている人・向いてない人を見てきました。

このページでは

  1. 期間工に向いている人の特徴
  2. 向いていない人は期間工にならない方がいいのか

以上の2つをまとめています。

この記事を読むと期間工の職業適性がざっくりと分かるので、これから期間工で働く方はぜひご覧ください。

期間工に向いている人の特徴とは

期間工に向いている人の特徴とは

向いているのは以下のような方です。

  • 体を動かすことが好きな人
  • 単純作業が苦にならない人
  • 手先が器用な人

上記に該当する方は、期間工の職業適正が高いですね。

体を動かすことが好きな人

期間工の仕事は完全な肉体労働ですので、体を動かすことが好きな人には向いています。

仕事は「ひたすら体を動かして車を作り続けること」ですから、頭を使って作業することなんてほとんどありません。

運動部出身の方や、趣味でスポーツをしている方は有利ですね。体力があり、体を動かすことが好きな人は会社から喜ばれますよ。

単純作業が苦にならない人

期間工の仕事は単純作業がメインです。

誰でもできるような作業をひたすら毎日繰り返しますので、変化を求める方には合わない仕事です。

単純作業が合わない人は「毎日同じことの繰り返しでマジで退屈だなぁ…」と感じるようなると思います。私はそんな感じでした。

逆に、型にはまった作業が好きな方は、期間工に向いていますね。

一度仕事を覚えたら、あとはひたすら同じことの繰り返しですので、単純作業が好きな人には合いますよ。

手先が器用な人

手先が器用な人も期間工では有利ですね。

器用な人は作業の習熟も速いですし、作業を終わらせるスピードも早いので、仕事に余裕がある方が多いです。

同じ作業をしても、とんでもないスピードで終わらせるんですよね。そういった人は、別の工程にいってもすぐに対応していまいます。

手先の器用さが求められない職場もありますが、たいていは器用な人が有利な職場が多いです。細かい作業が得意な方は、期間工の仕事では大きなプラスになるでしょう。

向いていない人は期間工にならない方がいいのか?

向いていない人は期間工にならない方がいいのか

結論としては、目標があるならチャレンジしてみるべきです。

期間工の職業適性が高くなかったとしても、稼ぎたい理由があるなら挑戦しましょう。

目標があるならチャレンジする価値はある

他に稼ぐ手段がある人なら、別に期間工でなくてもいいと思います。

しかし、「たくさんお金を稼ぎたいけど稼ぐ手段がない」という方は、期間工にチャレンジする価値は十分あります。

  • ニート・フリーターから脱出して自立したい
  • 上京のために100万円貯金したい
  • 留学のために200万円貯金したい
  • 独立のために1,000万円の資金を集めたい
  • 借金を完済して人生を立て直したい

上記のような目標がある人なら、なおさらチャレンジするべきですね。

私の場合は「自分で仕事がしたいから、活動資金として500万円貯金する」という目標がありました。

期間工の仕事は自分にはあまり向いていなかったので、結構きつかったですが、、、こんな私でも無事目標を達成することはできました。

参考:期間工で貯金した金額は500万円【目標を達成したので辞めました】

適性が高くない人も普通に働いている

工場で働いている人には、期間工の仕事にあまり向いていない人もいます。

不器用だったり、単純作業が苦手だったり、あまり体力がない人など様々です。私も細かい作業は不得意ですし、単純作業も苦手なので、期間工の職業適性は高くありません。

それでも何度も同じ作業を続けていれば、徐々に作業に間に合うようになり、仕事に慣れてくるようになるんですよね。

ですので、稼ぎたい理由があるなら、向き不向きはあまり気にせずに、まずは挑戦するべきかなと思います。

中卒・無職でもいきなり年収400万円以上稼げる仕事って、そうそうありませんからね。

心配な方は体力的に楽なメーカーがおすすめ

「そんなこと言われても続けれるか心配だなぁ…」という方は、体力的に楽なメーカーがおすすめです。

体力的に楽なメーカーだと、体の負担もグッと抑えることができるので、期間工の適性が高くなくても続けやすいかなと思います。

期間工に向いている人・向いていない人 まとめ

期間工に向いている人まとめ

期間工の向き不向きについては以上です。

職業適性が高い方は期間工に向いていますが、別に適性が高くなくても仕事ができないわけではありません。

毎日何度も同じ作業を続けていけば、仕事には慣れてくるものなので、気軽にチャレンジしてもらっていいと思います。

稼ぎたい理由がある方は、期間工を活用してサックと稼ぎにいきましょう。

関連記事

【徹底比較】経験者がおすすめする期間工メーカー5選!失敗しないための選び方も紹介

稼ぎたいニートは期間工になるべき理由【お金を貯めつつ自立できる】

期間工で貯金した金額は500万円【目標を達成したので辞めました】

RELATED POST